地理は事前に把握しておこう

地理は事前に把握しておこう

「引越しを済ませてから周囲を探索すればいいや。」という考えはあまり良くないですね。遠方への引越しの場合、何度も現地に赴くのは難しいかもしれませんが、最低でも1〜2回は現地に足を運ぶことをおススメします。

 

これから生活をしていく上での拠点ともなるべき場所なので、何も知らないまま暮らし始めるのは少し危険です。引っ越し後すぐに病気や怪我をしてしまった場合に、病院がどこにあるのかわからないといったことが起こらないとは限りません。また、新居から新しい職場や学校までの通勤・通学ルートは事前にしっかりと把握しておきたいものです。気持ちよく新生活を始めるためにも、周辺の地理はしっかりと把握しておきましょう。

 

地理をしっかりと知っておくということは、引越し当日にも必要なことです。新居までのルートに時間帯通行止めや一方通行などがあった場合、引っ越し作業が遅れてしまうことでしょう。渋滞しやすい地域であっても同じように作業に支障が出てしまいます。また、作業スタッフに差し入れをしたいのであってもスーパーやコンビニの位置が分からないと、差し入れるものも買いに行けません。

 

単身での引越しは他に頼れる人もいないので、自分自身がしっかりとしなければなりません。知らない土地にいきなり来ちゃった子羊ちゃんにならないためにも、事前に地理を調べておきましょう。